クラシック鑑賞を楽しもう

私はクラシック鑑賞にはまっています クラシック音楽が好きで普段から良く聴いているという方は少なくないでしょう。クラシックというのは古典を意味する言葉ですが、クラシック音楽はヨーロッパの芸術的な音楽を差しています。これからクラシック鑑賞を楽しみたいというときは、クラシックの基本からマスターした方がいいですね。曲名には交響曲や組曲などの名前が付いているでしょう。それぞれに意味があり、違った種類になります。交響曲とは管弦楽のために作られた曲です。楽章が四つに分かれていることが特徴的です。組曲というのは四つの楽章という概念がなく、管弦楽でもありピアノ曲でもあります。

協奏曲はソロの奏者が引き立つ曲となっています。管弦楽以外では声楽や吹奏楽、オペラといった種類もあります。声楽は人の歌を楽しむ音楽で、ピアノ伴奏が付きます。吹奏楽は中学校や高校にもありますね。ヴァイオリンやヴィオラなどの楽器がなく、トランペットやフルートなどの楽器で構成されています。大勢で演奏する場合は、必ず指揮者が付くことになります。指揮者の合図によって演奏が成り立ちます。日本には世界的な指揮者も数名います。指揮者には個性があるので、クラシック鑑賞を楽しむときは指揮者にも注目してみましょう。


Copyright(c) 2018 私はクラシック鑑賞にはまっています All Rights Reserved.