ベートーベンの曲でクラシック鑑賞

私はクラシック鑑賞にはまっています 私は通信制の大学で勉強しておりまして、自宅で勉強をすることがよくあります。その勉強に集中できるようにクラシック音楽を流すことがあるのですが、そのおかげもありまして私はクラシック音楽に関心を持ち、いろんな作曲家の曲を聴きながらクラシック鑑賞をすることが趣味となってきました。なかでも私はベートーベンの曲が好きで、田園のような落ち着いた曲もあれば、運命のような迫力ある出だしの曲もあり、合唱第九のような感極まる曲もあり、それぞれの曲がどれも個性的で似たような感じのものがあまりなく、ベートーベンが曲を作っていた時の感情が伝わってくるかのようで興味深くなるのです。

ほかにもモーツァルトやシューベルトなど、いろんな作曲家の曲を聴いてはクラシック鑑賞を楽しんでいることがありますが、やはり私の中ではベートーベンの曲を聴くことが一番多く感じられます。曲を聴きながらベートーベンの生涯を学び、耳が聞こえなくなっても曲を作り、コーヒーを飲むときでも決まったコーヒー粒の量を1粒ずつ数えながらひいていったこだわりを持って生活を過ごしていたり、ワインには食べるものによって飲む種類を選んでいたりなど、彼の生き方がすべて曲に含まれているように思えます。


Copyright(c) 2018 私はクラシック鑑賞にはまっています All Rights Reserved.