癒されながら楽しめるクラシック鑑賞

私はクラシック鑑賞にはまっています 楽器経験者でも経験が無い人でも心を癒しながら楽しめるものといえば「クラシック鑑賞」です。クラシックというと「堅い」「真面目」「つまらない」などといったマイナスイメージを持つ人が多いかもしれませんが、クラシック音楽にも明るく華やかな曲調や優しい穏やかな曲調といった比較的どんな人でも聴きやすいものが多いため「私には合わない」と思わずに聴いてみると受け入れやすくなると思います。

私の場合は学生のころ部活で楽器経験をしていますが、学生のころよりも大人になってからの方が演奏していない曲にも興味を持つようになりました。テレビやCMで流れている曲の多くがクラシック音楽を使われていますし、動画サイトなどでも多くの団体が演奏したものを聴くと勉強にもなります。その時にヘッドフォンを使い分けるとより楽しむことができます。耳にかぶさるオーバーヘッドフォンを使用しボリュームを上げて聴くと、細かな音まで聴けるためクラシックを楽しみやすくなります。コンサート会場などでクラシック鑑賞する場合は、音だけでなく指揮者の動きにも注目するとその人の指揮に現れる個性や表現の仕方を感じることができ、音楽をもっと楽しめます。クラシック音楽は癒し効果や集中力を高めるものもありますので、ゆったりとした気分を味わいたい時などにはクラッシック鑑賞してみると良いでしょう。


Copyright(c) 2018 私はクラシック鑑賞にはまっています All Rights Reserved.