クラシック鑑賞で日常を癒す

私はクラシック鑑賞にはまっています クラシック鑑賞を趣味にして15〜6年になります。学生時代まで全く興味がありませんでしたが、社会人になって一人暮らしを始めると、悩みや寂しさが渦巻き、悶々とした日々を過ごしていました。そんな時に出合ったのが、当時クラシックCD界で話題だった”アダージョ・カラヤン”です。カラヤン指揮のヒーリング系クラシック曲のオムニバスです。ゆったりとした曲に、心が楽になり、癒される実感がありました。それからクラシック曲にはまっていきました。有名曲だけでも数百曲はあります。どこかで聴いたことがあった曲が、この作曲家の作品か、と新たな発見もあり、片っ端からCDを購入したり、図書館に行って視聴しました。

購入したCDは100枚を超えます。またこれらの名曲を良い音で聴きたい。と願うようになり、高級オーディオの世界にも入っていきました。今ではクラシック曲なら大抵何という曲か分かるようになりました。また、少し大げさかもしれませんが、これらの人類の遺産を聴く経験ができて、とても良かったと思います。今から考えると1枚のCDと出会えた事が、私の人生を豊かにしてくれたと思います。夜が長い季節になりました。今夜も時間を作って、クラシック鑑賞に浸りたいと思います。


Copyright(c) 2018 私はクラシック鑑賞にはまっています All Rights Reserved.